読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予約しちゃう?!?ジェネラル・ルージュが好評!

とんでもなく豪華な一冊です!文庫本になるのを待ってました。スピード感が好きな作家さんです。他の作品もこれから購入して読みたいです。

コスパ最強と噂の!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

ジェネラル・ルージュジェネラル・ルージュの伝説 [ 海堂尊 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

海堂氏の本は多くの作品がリンクしているので前の作品を再読したりしていたので最後の「海堂尊ワールド」もありがたかったです。脚本はどちらも個人的に大変「ええぇ〜…」と思いましたが)個人的に、各キャラの設定は文庫版にも収録してほしかったです。海堂さんのはとても気楽に読めて…私とは相性が良い様です。その彼が己を知り、医師としての道をしっかりと踏みしめていく過程もよかったです。が!短編は3本!全体を占める割合としては5〜6割くらいといった感じです。田口の未来が!それを収録してほしかったので残念。「ジェネラルルージュの伝説」は「ジェネラルルージュの凱旋」という作品の主人公!速水の若き日を書いた「伝説-1991-」「疾風-2006-」「残照-2007-」の3作品の他に海堂尊の歴史!自作解説!全作品を網羅した年表!登場人物のリスト!用語解説辞典と盛り沢山でした。文庫化に当たり、書きおりし短編収録など魅力満載で、購入に踏み切りました。海堂ワールドをたどるときに掛けていたピースなので、ファンの方には特におすすめしたい作品ですジェネラル・ルージュの凱旋を読んでいる方には過去の速水医師(研修医の時代)のデパート火災の物語が描いてあって大変面白かったです。。(単行本は重たい、かさばるので買わないようにしているので)文庫化にあたって内容が変わっています。ドラマと若干設定が違うのを、頭で修正して読むのが楽しいですねw海堂氏の本は文庫化をひたすら待っています。アリアドネも楽しみです。海堂尊作品は「チームバチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」と今回は3作目です。半分くらいは!海堂さん自身の歴史や自作解説等が載せられていて!最初は小説じゃない・・・ってがっかりしてたんですが!読んでみるとこれまた面白かったです。普通は小説本は小説で終わる(当たり前ですが)のですがこの小説は後半は作者のヒストリーと解説なのでがっかりするところですがこの本に限っては後半も大変面白く読ませて頂きました。海堂ファンにはたまらない一冊ですドラマに触発されて購入しました。で!☆が一つ少ないです。(映像ものは、映画もドラマも速水、田口がちょっと遠い存在的に書かれているので微妙です。加筆修正というやつ、と言いたいところですが…短編が加筆されているのは嬉しいところ、やはりジェネラル魅力があります。後半の【海堂尊物語】【自作解説】は、やはり彼が自信家で負けず嫌いで、心身伴にタフな方だと…【白鳥圭輔】さんが生まれたのも…判りました。他の速水が関係する短編もありますが!正直物足りなかったです。救命救急センター・速水医師の外伝が登場!単行本に収録されたジェネラルの原点「ジェネラル・ルージュの伝説」に!新たに書き下ろした「疾風」と!その後の物語「残照」も収録!さらに!文庫用に大幅加筆したエッセイや!自作解説で!創作の秘密を惜しみなく明かします。年齢が近いからかもしれませんが!表現の全てが気に入っています。特に佐藤ちゃん!ショコちゃんコンビが嬉しいです。バチスタ〜を読んでから、海堂さんの本にハマって読んでます。内容もご本人の性格からか、生い立ちからなのでしょうか…表現がさわやかですし、所作が【かっこ良く】感じられます。東城大学や桜宮市の世界観がぎゅっと詰まってます。単行本発刊時に収録されなかった短編が文庫化の際に収録されたため購入しました。もったいない。ハードカバーも持ってますが疾風・残照と海堂尊物語目当てに購入しました。三船事務局の話もなかなか良かったです。田口先生と同期というところで、ポロポロ出てくるエピソードににやにやするのですが。まあ!辞書替りに使えばよいのかな?堺雅人さん目当てで見たジェネラルルージュDVDからどっぷり桜宮サーガにはまってます。ジェネラルの速水医師のエピソードに加えて!桜宮サーガの年譜や自作解説もあり!本文中の編集者とのやりとりにも出てきますが!海堂尊ワールドのファンブック的な内容にもなっていますね。単行本を図書館で借りて読んでいましたが、、人物紹介や年表、海堂尊物語手元に置いておきたい本でした。海堂ファンなら絶対手に入れましょう。以前から欲しかった本です。TVドラマを見てから海堂さんの作品を読み始めました。桜宮市年表、海堂尊先生の著作についての解説、海堂尊物語、登場人物リスト330、作中キーワード用語辞典が一冊に入ってます。速水部長のキャラはとても好きなので、これもまたまたおもしろく読ませていただきました。巻末にはファン必見の年表&主要登場人物リスト&用語辞典付き。若かりし頃の速水部長は、なかなか自信満々。他の本を読むときも!登場人物リストで確認しながら読むと!忘れてた人もわかりやすくていいかもです。これは「凱旋」の過去!当時!その後の三篇が収められていて「凱旋」をいろいろな角度から見られて興味深かったです。やはり現役医師が書いているだけあって!下手に素人が映画化・ドラマ化して演じるよりもリアリティーがあります。作者のファンの方は楽しめると思います。ジェネラルはちょうどドラマもやっているので面白かったです。今までシリーズの中で語られていた伝説を短編にしたもの。海堂氏の本は医療についてとても考えさせられますが今回は「疾風」で其々違った立場から考える難しさを痛感しました。海堂先生のこれまでの生い立ちも面白かったです。速水医師にかかわる短編エピソード3編は文句なく面白いですし、その他の部分も興味深く読みましたが、最後の用語解説集はさすがに面倒になって投げ出しました。どっぷり暗い内容もありません。